離婚トラブルが起きる前の対策を考えていますか? | | 弁護士保険ステーション



離婚トラブルが起きる前の対策を考えていますか?

  • 慰謝料
  • 養育費
  • 子供の親権
  • 不倫・浮気
  • 財産分与
泣いている母親と子供

他の人もこんな離婚後のトラブルで悩んでいます

  • 1位 養育費が支払われない 30%
  • 2位 慰謝料が支払われない 22%
  • 3位 子供に会わせてもらえない 20%
  • 4位 進学等の理由養育費を増額して欲しいが応じてくれない 18%

離婚後も付きまとわれて困っている8%
離婚後の相手の両親との付き合い方で困っている2%

離婚トラブルの円グラフ

日本法規情報 法律問題意識調査レポート 「離婚トラブルに関する調査」
参考文献:https://www.sankei.com/economy/news/141228/prl1412280004-n1.html

離婚後のトラブルのうち、慰謝料や養育費などのお金関係でのトラブルが約半数を占めています。養育費や慰謝料は離婚した後の安定した生活のために重要な問題です。また、離婚を行う際に決めた条件が守られず、子供と会わせてもらえないトラブルも少なくありません。

離婚後のトラブルの対策・解決方法

※ボタンを押すと詳細が開きます

慰謝料・養育費未払いトラブルの対策と解決方法 ▼

相手が、約束どおり慰謝料、養育費を支払ってくれていたのに、突然、振り込まなくなったという場合、支払う気持ちがあったのに、それが出来なくなった、もしくは支払う気持ちがなくなったのですから、何らかの原因、事情があるはずです。
少なくとも、支払っていた間は、子供やあなたに対する責任感をもっていた証拠ですから、どのような事情があるのかを、きちんと話し合ってみることが大切です。

相手が、話し合いに応じない場合、内容証明郵便で督促するなど、約束の履行を強く求めることも必要です。

支払う約束が、公的な書面に記載されている場合
話し合いで解決せず、法的手続が必要な場合、慰謝料、養育費の支払義務が、どのような書面に記載されているかによって、その後の手続が異なります。
家庭裁判所の調停手続を利用して離婚をした場合は、通常は、慰謝料、養育費の支払義務があることが調停調書に、
また、家庭裁判所の離婚訴訟や離婚審判などを利用した場合は、判決書や審判書に記載されています。

調停調書や判決書、審判書があれば、それを根拠として強制執行手続を取ることができます。
強制執行手続とは、相手の預貯金や給料を差し押さえる手続きです。

裁判所を利用しない協議離婚であっても、慰謝料、養育費の約束が、公証役場の公正証書になっており、その中に、「支払わない時には、強制執行を受けても異議がない」という趣旨の文章(強制執行認諾文)が記載されている場合には、その公正証書も、調停調書や判決書等と同様に強制執行の根拠となります。

なお、家庭裁判所の調停で離婚した場合は、調停を担当した家庭裁判所に申し立て、裁判所から相手方に対し、調停調書で約束した内容を守るよう勧告してもらえます(履行勧告制度)。
強制力はありませんが、裁判所からの勧告ですので、心理的なプレッシャーを与えることは期待できます。

口約束や、たんなる合意書の場合
口約束や、当事者が作成した合意書で慰謝料、養育費を約束した場合は、強制執行を行うことはできません。

養育費に関しては、家庭裁判所に対し、養育費支払いの調停を申し立てができます。調停の話し合いでまとまらない場合は、裁判所による審判で決定してもらうことができます。

慰謝料に関しては、簡易裁判所に対し、民事一般調停の申立を行うか、地方裁判所(請求金額が140万円以下の場合は簡易裁判所)に対し、慰謝料請求訴訟を提訴することになります。

子供に会わせてもらえないトラブルの対策と解決方法 ▼

離婚をした後であっても、子供との面会を求めることは可能です。
民法は、協議離婚をする時には、子供との面会その他の交流方法について、父母が協議して定めなければいけないこと、その協議が整わない時には、家庭裁判所がこれを定めることができると規定しています。
これは、協議離婚だけでなく裁判で離婚をした場合も同じです。

離婚時に協議していなくても、離婚後に協議を求めることが当然に認められます。

離婚の時に、面会について何も決めていなかった場合は、離婚後であっても、まずは相手方に対して子供との面会について話し合いをしたいと申し入れるべきです。

当事者だけで話がまとまらない場合は、家庭裁判所に対して、「面会交流調停」を申し立てることができます。
面会交流調停は、裁判所の調停委員が、話し合いの仲介を行なってくれます。
また、裁判所の調査官が、子供だけでなく、両親についても、その生活状況等を調査し、子供の健全な成長という福祉の観点から、最適な面会方法を提案してくれます。

もしも、調停でも話し合いがまとまらない場合には、自動的に、「面会交流審判」という、裁判官が、一切の事情を考慮して面会交流の方法を定める手続に移行します。
これは、面会交流が、子どもの福祉のための制度であることから、調停不成立で面会交流が実現できないままとなってしまうことを防止するためです。


弁護士保険って何?

日常生活の法的トラブルに遭ってしまった場合に、弁護士等へ、相談・依頼をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険に入ったら離婚のトラブルは解決するの?

弁護士保険ミカタの場合(プリベント少額短期保険)

※ボタンを押すと詳細が開きます

【離婚・親権トラブル】離婚費用等について教えてください ▼

私は既婚者なのですが、半年前から最近まで独身の女性と不倫をしていました。今回その不倫が妻にばれてしまい、妻から離婚と慰謝料1000万円、更に子供が20歳になるまでの養育費として毎月10万円を請求されています。 結婚7年目で子供(5歳・男)一人、妻は別居し子供を連れて実家へ戻ると言っていますが、今はまだ同居しています。私の年収は約500万円で、妻は専業主婦で収入はありません。 離婚には同意しましたが、慰謝料などが少し高いのではないかと感じています。慰謝料の妥当な金額は幾らでしょうか。

自分で解決した場合
妻に、子供のために養育費は毎月払うが慰謝料は減額して欲しいと交渉しました。完全にこちらに非があるのでなかなか納得してもらえませんでしたが、どうにか慰謝料750万円(毎月5万円・ボーナス月15万円の分割)で納得してもらうことができました。 今では不倫をしたことをとても後悔しています。
得られた経済的利益:2,500,000円
ミカタに加入していた場合
妻に対して慰謝料と養育費の減額について交渉をするため、弁護士に相談したところ、この場合の慰謝料は350万円程が適正妥当な金額ではないかということでした。弁護士に妻と交渉をしていただき、慰謝料350万円・養育費毎月6万円で和解することができました。
得られた経済的利益:6,500,000円 + 養育費の減額
弁護士報酬額と保険金支払額の詳細
項目 弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料保険金に関わる金額
法律相談料 90分 16,200円 16,200円 0円
弁護士費用保険金に関わる金額
示談交渉 着手金 324,000円 191.800円 132,200円
委任費用の合計 324,000円 191.800円 132,200円
弁護士費用保険金に関わる金額
法律相談料・委任費用の合計 340,200円 208,000円 132,200円

※上記の金額は、保険会社独自の計算方法のもと算出しております。各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
※保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
※上記の金額は、税込みの金額です。
※ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者様に負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。

参考:職場に関するトラブルの保険金支払例(プリベント少額短期保険)
http://preventsi.co.jp/case/ex?case=10

弁護士保険コモンの場合(エール少額短期保険)

※ボタンを押すと詳細が開きます

妻より離婚を突き付けられ高額な慰謝料を求められました! ▼

「弁護士保険コモン」に加入しているCさんは、Cさんの不倫が原因で妻より離婚を請求されました。併せて精神的ダメージに対する慰謝料1,000万円を支払うよう要求されました。離婚はやむを得ないですが、あまりに高額な慰謝料請求に困っています。
付帯サービスの「弁護士検索サポート」で探した弁護士に無料相談(20分)し、初動対応および今後想定される法的手続き等について助言を受けました。

無料

弁護士に具体的な離婚理由や相手方の主張などを説明の上、慰謝料の減額可能性について相談したところ、弁護士より慰謝料減額に向けた示談交渉の提案を受けました。

法律相談料
10,800円

弁護士に事件委任し、弁護士に示談交渉してもらった結果、慰謝料を300万円(700万円の減額)とすることで示談が成立しました。

着手金
243,000円

報酬金
243,000円

※記載の弁護士費用は一般的な計算例であり、実際の弁護士費用は各々の案件や弁護士により異なります。


SUCCESS!

慰謝料の減額に成功! 700万円の減額!
弁護士費用496,800円のうち、351,000円を弁護士保険で賄えました。
※弁護士保険コモンのステイタスプラン・免責金額ゼロ特約付加

もし法律相談をしなかったら・・・


OOPS!

支払う必要のない1,000万円を払うことに・・

待機期間と不担保期間

弁護士保険はあらかじめトラブルを持った状態で弁護士保険の補償を受けるといったことを防ぐために待機期間、不担保期間を定めています。待機期間、不担保期間に定められているトラブルについては一定期間補償を受けることができません。

そのため、トラブルが起きる前から弁護士保険に加入している必要があります。また、トラブルが起きる前の予防策として、弁護士への無料相談サービスやセミナーなどを実施している保険もありますので、付帯サービスをチェックしておくと良いでしょう。

待機期間・不担保期間につきましては保険会社HPもしくは、ページ最下部にあります「弁護士保険を徹底比較」ボタンを押した先の比較表ページを参照ください。

保険会社 プリベント少額短期保険 エール少額短期保険
プリベント少額短期保険株式会社 エール少額短期保険株式会社
商品名 弁護士保険ミカタ 弁護士保険コモンレギュラー
資料請求

無料資料請求
はこちら

無料資料請求
はこちら

申込

お申込みはコチラ

お申込みはコチラ

エール少額短期保険
エール少額短期保険株式会社
弁護士保険コモンレギュラー

無料資料請求はこちら

お申込みはコチラ

プリベント少額短期保険
プリベント少額短期保険株式会社
弁護士保険ミカタ

無料資料請求はこちら

お申込みはこちら


ページトップ