テスト職場トラブル | | 弁護士保険ステーション



職場トラブルこんなことで困っていませんか?

  • 部下とのトラブル
  • 同僚との人間関係
  • 残業代の不払い
  • パワハラ
  • 職場のいじめ・嫌がらせ

他の人もこんな職場トラブルで悩んでいます

  • 1位 上司との関係 21%
  • 2位 同僚との関係 18%
  • 3位 部下との関係 16%
  • 4位 残業代の不払い 14%

パワハラ10% セクハラ10% 解雇 派遣切り8% その他3%

日本法規情報 法律問題意識調査レポート「職場トラブル意識調査」
参考文献:https://www.sankei.com/economy/news/150425/prl1504250020-n1.html

職場トラブルのうち、人間関係でのトラブルが約半数を占めており、職場のコミュニケーションで悩みを抱えている人が多いことがわかります。また、対会社とのトラブルでは「残業代の不払い」が大きく占めています。

職場トラブルの対策・解決方法

※ボタンを押すと詳細が開きます

人間関係トラブルの対策と解決方法 ▼

人間関係を良好にするには、まずは日常の雰囲気から変えていきましょう。

人間関係をよくするためには「挨拶」をすることが大事になります。
元気よく、明るく挨拶をすることで相手に心を開いていることを示しましょう。
コミュニケーションを改善するためには、会った時の挨拶を元気よくするところから始めましょう。

感情的になってしまうときは、冷静になる時間を設けましょう。
同僚が自分より成果を出して妬んでしまう、上司から業務に対して怒られた、チームプロジェクトでメンバーと口論になってしまっているなど、職場の付き合いの中で、イライラしてストレスが溜まることもあると思います。
そんな時は席を外して1人になり冷静になりましょう。冷静になることで、感情の起伏を抑え、第三者目線で状況を考えることができるかと思います。

どうしても人間関係がうまくいかないときは誰かに相談すると良いでしょう。
会社の仲の良い同僚や、学生時代の友達、両親などに相談をして、意見やアドバイスを聞くことができますし、誰かに相談するだけでもストレスが緩和されます。
また、職場トラブルや人間関係を改善する専門家に相談するのも良いかもしれません。

※ボタンを押すと詳細が開きます

残業代不払いトラブルの対策と解決方法 ▼

残業代未払いの対策をするために、まずは「証拠」が必要になります。
勤怠時間が記録されたタイムカードのコピーや勤務時間が記載された業務報告書などになります。
他にも、会社の使用PCのログアウト情報やスケジュール帳やメール送信履歴など、仕事をしている時間が記録されていれば証拠になる可能性があります。

残業代の請求の時効は2年となっています。
2年間請求を行なわないと、時効により消滅してしまいます。
過去の残業代の2年間分しか請求できませんので、今後も残業代請求を躊躇していると請求ができる残業代がなくなっていきます。

残業代の支払い請求をする方法は
・直接会社と交渉
・労働基準監督署へ申告
・弁護士に依頼
などが挙げられます。

弁護士保険って何?

日常生活の法的トラブルに遭ってしまった場合に、弁護士等へ、相談・依頼をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険に入ったら職場のトラブルは解決するの?

弁護士保険ミカタの場合(プリベント少額短期保険)

※ボタンを押すと詳細が開きます

【解雇等のトラブル】突然解雇されました ▼

先日、10年間勤めていた会社から突然、明日から来なくていいと言われ解雇されました。 解雇理由を聞いたところ、「上司の仕事の進め方に意見したことが気に入らなかった」とのことだけでした。解雇の際に、給与1ヶ月分の手当てを出すからその間に別の会社を探せとも言われました。 10年も勤めてこの対応はあまりにも辛いです。会社に対して慰謝料請求はできますでしょうか。

自分で解決した場合
その後会社に対して連絡をしたのですが、「辞めさせられたことが不満なら、最初から上司に意見なんかするな」と言われ、話になりませんでした。 これ以上こんな会社と関わっていたくないので、素直に次の就職先を探すことにします。
得られた経済的利益:0円
ミカタに加入していた場合
会社に対して損害賠償請求をするため、弁護士に相談しました。 弁護士の協力のもと裁判を起こすこととなり、解雇の無効の確認を求めた結果、解決金500万円を支払っていただくことができました。
得られた経済的利益:5,000,000円
弁護士報酬額と保険金支払額の詳細
項目 弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料保険金に関わる金額
法律相談料 30分 5,400円 5,400円 0円
弁護士費用保険金に関わる金額
訴訟 着手金
(委任契約時)
108,00円 40,600円 67,400円
着手金
(委任契約時)
259,200円 181,440円 77,760円
委任費用の合計 367,200円 222,040円 145,160円
弁護士費用保険金に関わる金額
法律相談料・委任費用の合計 372,200円 227,440円 145,160円

*委任契約時の着手金は、最低金額の108,000円としています。事件終了時の着手金は、訴訟の結果、500万円の解決金を得ることとなったため、事件終了時の確定した基準紛争利益に基づいて再計算し、既に支払った保険金との差額を支払います。

※上記の金額は、保険会社独自の計算方法のもと算出しております。各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
※保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
※上記の金額は、税込みの金額です。
※ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者様に負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。

※ボタンを押すと詳細が開きます

【給料等のトラブル】会社が残業代を払ってくれません ▼

工場で仕事をしているのですが、2年程前からとても忙しくなり、毎日残業をしていました。ですが、会社が残業代を一度も払ってくれません。 タイムカードは定時に押すことを強要され、その後また業務をさせられますので、タイムカード上は毎日定時で帰宅したことになっています。 念のため毎日正確な退勤時間をメモしており、先日計算したところ未払い残業代が180万円もありました。どうにかして払ってもらいたいのですが、できますでしょうか。

自分で解決した場合
一度上司に相談したのですが、予想はしていましたがやはり「そんなこと考えている暇があったら仕事しろ!」と言われてしまいました。 これ以上言ってクビにされても困りますし、最近ではサービス残業の会社も多いとも聞きますので諦めるしかないかなと思います。
得られた経済的利益:0円
ミカタに加入していた場合
会社に対して未払残業代を請求するため、弁護士に相談しました。 弁護士の協力のもと労働審判を行い、未払残業代180万円を請求した結果、未払残業代180万円を支払っていただくことができました。
得られた経済的利益:1,800,000円
弁護士報酬額と保険金支払額の詳細
項目 弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料保険金に関わる金額
法律相談料 30分 5,400円 5,400円 0円
弁護士費用保険金に関わる金額
審判 着手金 155,520円 73,864円 81,656円
委任費用の合計 155,520円 73,864円 81,656円
弁護士費用保険金に関わる金額
法律相談料・委任費用の合計 160,920円 79,264円 81,656円

※上記の金額は、保険会社独自の計算方法のもと算出しております。各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
※保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
※上記の金額は、税込みの金額です。
※ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者様に負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。

参考:職場に関するトラブルの保険金支払例(プリベント少額短期保険)
http://preventsi.co.jp/case/ex?case=10

弁護士保険コモンの場合(エール少額短期保険)

※ボタンを押すと詳細が開きます

上司からのパワハラに悩んでいます! ▼

「弁護士保険コモン」に加入しているAさんは、会社の上司から、到底一人で期日までに出来ないような仕事を押し付けたり、些細なミスにもかかわらずみんなの前で怒鳴るように叱責されるなど、上司からの繰り返されるパワハラに悩んでいます。会社を辞めたくはないのですが・・・
付帯サービスの「ハラスメントヘルプナビ」で探した弁護士に無料相談(20分)し、初動対応および今後想定される法的手続き等について助言を受けました。

無料

弁護士へパワハラの具体的内容や開始時期・頻度などを説明したところ、職場環境改善を要請する内容証明郵便の送付提案を受けました。

法律相談料
10,800円

弁護士に事件委任し内容証明郵便を送付したところ、会社が一定程度のパワハラ行為があったことを認めました。
そして会社が当該上司に対する厳重注意ならびに配置転換を行うことの約束、および当該上司からは今後パワハラ行為を行わない誓約を含むAさんへの謝罪文の提示がありました。

着手金
108,000円

※記載の弁護士費用は一般的な計算例であり、実際の弁護士費用は各々の案件や弁護士により異なります。


SUCCESS!

パワハラのない通常の労働環境を取り戻すことに成功!
弁護士費用118,800円のうち、86,400円を弁護士保険(※)で賄えました。
※弁護士保険コモンのレギュラープラン・免責金額ゼロ特約付加

もし泣き寝入りしていたら・・・


OOPS!

パワハラは継続し、精神疾患を患う、ということも‥

※ボタンを押すと詳細が開きます

上司からのパワハラが原因で退職を余儀なくされました! ▼

「弁護士保険コモン」に加入しているAさんは、会社の上司から、到底一人で期日までに出来ないような仕事を押し付けられたり、些細なミスにもかかわらずみんなの前で怒鳴るように叱責されるなどのパワハラ行為を繰り返し受けました。その後パワハラが原因で精神疾患を患ってしまい退職を余儀なくされました。
付帯サービスの「ハラスメントヘルプナビ」で探した弁護士に無料相談(20分)し、初動対応および今後想定される法的手続き等について助言を受けました。

無料

弁護士へパワハラの具体的内容や開始時期・頻度、精神疾患の診断内容などを説明したところ、会社に対して損害賠償ならびに慰謝料請求を行う旨、内容証明郵便の送付提案を受けました。

法律相談料
21,600円

弁護士に事件委任し内容証明郵便を送付した後、会社側弁護士と示談交渉を重ねた結果、会社が一定程度のパワハラ行為があった事実を認め、損害賠償金と慰謝料の合計300万円を支払うことで示談に至りました。

着手金
129,600円

報酬金
259,200円

※記載の弁護士費用は一般的な計算例であり、実際の弁護士費用は各々の案件や弁護士により異なります。


SUCCESS!

300万円(損害賠償金および慰謝料の合計額)を支払ってもらうことに成功!
弁護士費用410,400円のうち、293,760円を弁護士保険で賄えました。
※弁護士保険コモンのステイタスプラン・免責金額ゼロ特約付加

もし泣き寝入りしていたら・・・


OOPS!

精神疾患を抱えながら、再就職を目指すも上手くいかず・・・

待機期間と不担保期間

弁護士保険はあらかじめトラブルを持った状態で弁護士保険の補償を受けるといったことを防ぐために待機期間、不担保期間を定めています。待機期間、不担保期間に定められているトラブルについては一定期間補償を受けることができません。

そのため、トラブルが起きる前から弁護士保険に加入している必要があります。また、トラブルが起きる前の予防策として、弁護士への無料相談サービスやセミナーなどを実施している保険もありますので、付帯サービスをチェックしておくと良いでしょう。

待機期間・不担保期間につきましては保険会社HPもしくは、ページ最下部にあります「弁護士保険を徹底比較」ボタンを押した先の比較表ページを参照ください。

保険会社 プリベント少額短期保険 エール少額短期保険
プリベント少額短期保険株式会社 エール少額短期保険株式会社
商品名 弁護士保険ミカタ 弁護士保険コモン
資料請求

無料資料請求
はこちら

申込

お申込みはコチラ

お申込みはコチラ

エール少額短期保険
エール少額短期保険株式会社
弁護士保険コモンレギュラー

お申込みはコチラ

プリベント少額短期保険
プリベント少額短期保険株式会社
弁護士保険ミカタ

無料資料請求はこちら

お申込みはこちら


ページトップ