セクハラをされたら損害賠償請求できる? | 弁護士保険ステーション

セクハラをされたら損害賠償請求できる?

困る女性

皆さんはセクハラをされた場合のことを考えたことはありますでしょうか?セクハラ問題というのは労働をしている人の中でもかなり深刻な問題となっています。
特にその中でも女性の方がセクハラに悩んでいる方も多いというのがあるわけですが、今回はそんなセクハラをされた場合に「損害賠償請求」をすることは可能なのかということについて紹介をさせていただこうと思います。

セクハラの定義について

まずはセクハラの定義について紹介をさせていただきますが、セクハラは女性だけではなく男性にも起こりうる問題です。
またセクハラは職場で性的な言動を受けることや気分を害される事などがセクハラの定義としてあります。

またセクハラ問題によってうつ病になってしまったり、仕事に集中が出来ない場合があります。
セクハラには「対価型」と「環境型」の2種類のセクハラがあります。
対価型の場合は上司などにセクハラを受けた時に拒んだりすることで昇格や昇給などに影響を及ぼすセクハラです。

環境型セクハラは職場などで恋愛関係の噂話であったり、性的な画像を送られることが環境型になります。また環境型セクハラの場合は「請求」などが難しいとされています。

セクハラは損害賠償請求ができる?

セクハラは損害賠償請求ができるのかということについてですが、結果から言ってしまうと「可能」となっています。
セクハラの場合は「加害者」と「会社」の両方に損害賠償請求をするケースが多いです。

損害賠償をする場合に「退職」をした場合に100万円から300万円の損害賠償請求をすることが可能となっています。またセクハラの度合いによって損害賠償請求額というのは異なってきます。

セクハラの損害賠償請求するには証拠が必要

セクハラの損害賠償請求に大切な事について紹介をさせていただきますが、セクハラを受けたとしても「証拠」が無ければいけません。
実際にセクハラを受けていたとしても第三者から見れば「真実」かわからないわけです。そのためメールや画像、証言などによる証拠を取っておく必要があるわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はセクハラをされた場合の損害賠償請求について紹介をさせていただきました。
皆さんも是非今回紹介をさせていただいたことを参考にしてみてはいかがでしょうか?セクハラの被害にあうリスクもあります。セクハラ被害にあった場合に周りの方に相談をしてみてください。

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社

弁護士保険mikata
弁護士保険mikata

ページトップ