弁護士保険で補償される一般事件とは | | 弁護士保険ステーション

弁護士保険で補償される一般事件とは

弁護士バッジ

弁護士保険に加入すると、法的トラブルが発生した際に保証がされるため弁護士費用など負担が軽くなり、トラブルの解決に関しても自力で解決するよりもスムーズに解決することができます。
一般事件と呼ばれるトラブルが法的トラブルの中でも多く発生するため、保険の適用が気になる人も多いと思います。
弁護士保険で補償される一般事件について見ていきましょう。

一般事件とは

一般事件とは、一般民事事件のことを言います。
一般市民間でのトラブルや争いに関する事件であり、国や行政を相手としないものです。
一般事件のよくある例は以下のようなものがあります。

・離婚
・遺産相続
・近隣トラブル
・リストラ
・いじめ
・不払い、過払い
・医療事故


交通事故などは突発的な予想外の事故となり、偶発的事故とされます。
偶発的事故も保険の補償内になりますが、一般事件とはまた違った扱いになるのです。
一般事件と偶発事故の場合、保証の適用期間も違いますし、保証の割合も違います。
そのため、保険契約後にトラブルが発生し、解決する際にはどちらの事例に当てはまるのか理解しておく必要があります。

一般事件にはどんなトラブルがあるの?
それでは、具体的にどういったトラブルが一般事件として扱われているのかみていきましょう。
合わせて弁護士に対応を依頼している場合と、していない場合の違いも比較していきます。

①離婚問題
離婚問題は一般事件の中でも多く取り扱われているトラブルです。
夫婦間で財産や親権など円満に合意の元で離婚する場合は問題がありませんが、話し合いでは解決しない場合、弁護士に依頼して離婚を進めることとなります。
弁護士が間に入って話し合っても離婚条件が折り合わなければ離婚調停へと発展する可能性も考えて、離婚が合意で行われない場合は弁護士に相談することをおすすめします。

なぜ弁護士に相談して離婚を進めた方が良いのかというと、相手に非があって法的な離婚原因で離婚する場合、慰謝料や財産分与を請求することができるからです。
法的な証拠として使える証拠を集めたり、財産分与に関する資料集め、また相手との交渉を進めるにあたっては弁護士が必要です。
もし自分一人の力で対応するのであれば、十分な慰謝料を受け取ることができなくなる可能性もありますし、自分に不利な条件になってしまう場合もあります。

もちろん反対の立場の場合もあるでしょう。
相手に慰謝料を請求された場合、自分一人で対応して相手の条件を全て飲んでしまうと、正当な支払額よりも多く支払うことになる可能性もあります。

法的に正当な支払いを相手から受け取る場合、もしくは相手に支払う金額を減らしたい場合には、弁護士の力が必要だと言えます。

②職場でのトラブル
社会生活を行う上で避けられないことが仕事ですが、職場でのトラブルも多くの人が悩まされており、泣き寝入りしている場合も多くなっています。

職場でのトラブルで考えられものは、セクハラや不当解雇、いじめなどがありますが、これらも弁護士に依頼することで正当な支払いを受け取ることができるようになります。

例えば、勤め先を突然不当に解雇された場合、自分で解決しようとすると得られる利益はほとんど無いと言って良いでしょう。
しかし、弁護士に依頼することで損害賠償請求を行うことができます。
そうすると解雇の無効化や解決金を得ることができるのです。

③遺産相続
遺産相続に関する問題も一般事件とされ、弁護士保険の適用トラブルとなります。
親族や家族が亡くなり、遺言があったとしてもトラブルになる場合は多くあります。

例えば、夫が亡くなり遺言で子供にのみ遺産を相続させるという内容であった場合、自分で解決しようとすると、自分には遺産は全く相続されない可能性が高いでしょう。
しかし、弁護士に依頼することで遺産分割調停を起こすことができますし、遺留分の財産を相続できる可能性があります。
こういった事例は自力では解決が難しく、法的に弁護士に対応してもらうべき案件と言えます。

④いじめ
いじめの問題も多く起こっているトラブルの1つです。
20歳未満が保険の契約者になることはできませんが、被保険者にはなることができるので、子供を守ることができます。

もし、子供がいじめや体罰などを受けて怪我をした場合、自分で解決しようとするとまずはいじめを相手や学校など認めてもらわなくてはいけないので、難航する可能性があります。
しかし、弁護士に依頼することで法的な証拠を集めることや、怪我の治療費として損害賠償を請求することも出来ます。

いじめはデリケートな問題にはなりますが、自力での解決を試みるだけではなく、弁護士の力を借りることで問題を解決へとサポートしてもらうことが出来るでしょう。

まとめ

弁護士に相談や依頼をすれば、依頼料が高くなってしまうのではないかと心配する人も多いでしょう。
しかし、弁護士保険に加入していれば依頼料を保険で対応できるだけでなく、正当な支払いを受け取ることができるようになります。
自分で解決しようとしたり、または我慢しようとするのではなく、まずは弁護士保険と弁護士に相談をしてみてください。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ