協議離婚の進め方と離婚公正証書について | | 弁護士保険ステーション

協議離婚の進め方と離婚公正証書について

離婚届け

「夫(妻)と離婚の話合いをしたいんだけど、準備しておくことはある?」
「どうやって離婚を切り出すのがベストなんだろう」
「協議離婚で『離婚公正証書』を作成しておくべきって言われたけど、どういうこと?」

夫婦が離婚を進めるときには「協議離婚」をすることが一般的です。
具体的にどのような手順で離婚協議を進めたら良いのか、また離婚後に離婚公正証書を作成するメリットや方法について解説します。

協議離婚の進め方

離婚の準備


協議離婚をするときには、いきなり離婚の話を持ちかけるのではなく、事前の準備が重要です。相手に「離婚したい」と言う前に、以下のような用意をしておきましょう。

●証拠を集める


まずは、離婚に関する証拠を集めます。
基本となるのは財産分与の資料です。夫婦が離婚するときに共有財産があったら財産分与が必要ですが、財産分与を進めるためにはどのような財産があって、どのくらいの評価額になるのかを明らかにしなければなりません。
きちんと資料を集めておかないと、相手に財産隠しをされてしまうおそれもあります。
また、相手が不倫していて慰謝料請求したい場合などには、不倫の証拠を集めておく必要もあります。

●お金を用意する


離婚するときには、お金がかかるものです。別居するなら別居費用も必要ですし、相手が生活費を払ってくれなくなって当面の生活費に困るケースもあります。
数十万円~100万円を目途に、できるだけ多くのお金を手元に集めましょう。

●希望する離婚条件を決める


協議離婚では「親権者」以外の離婚条件を決めなくても離婚できますが、後々のトラブルを避けるには、財産分与や慰謝料、養育費などの他の条件も決めて合意しておくべきです。
そこで、離婚を切り出す前に、自分の希望する離婚条件を検討して決めておきましょう。

離婚を切り出す


準備が整ったら、相手に対して「離婚したい」と切り出しましょう。
タイミングは、できるだけお互いがリラックスしていて時間的な余裕があるときにすべきです。急いでいるときやお互いがイライラしてるときに離婚話を持ち出すと、まとまるものもまとまらなくなってこじれてしまうおそれがあります。
休日の食後などが良いでしょう。

話合いをする


協議離婚の話合いは、1日2日で終わることは少ないです。最低でも1週間、長いと数か月かかります。お互いが納得できる条件に達するまで、粘り強く話を続けましょう。
交渉の最中には相手が財産隠しをしようとしたり、慰謝料支払を拒絶しようとしたりすることがありますが、そのようなときには事前に集めておいた資料が役に立ちます。
自分で話合いをするが難しければ、弁護士に代理交渉を依頼することも可能です。

離婚合意書を作成し、離婚届を提出する


話合いによって合意ができたら、離婚条件をまとめた離婚合意書を作成しましょう。
書面化しておかないと、後に「そんな合意はなかった」と言われてトラブルが蒸し返されるおそれがあります。
離婚合意書を作成したら、役所から離婚届の用紙をもらってきて必要事項を記入し、2人の証人にも署名押印してもらって、夫婦が署名押印して役場に提出しましょう。
これにより、協議離婚の手続はすべて完了します。

離婚公正証書について

以上が協議離婚の一般的な流れですが、協議離婚するときには、「離婚合意書」を「離婚公正証書」にしておいた方が安心です。
離婚公正証書とは、離婚合意書を「公正証書」の形にしたものです。
公正証書とは、公務員である「公証人」が「公文書」の形で作成する書面です。
公文書なのでとても信用性が高く、相手が後になって「署名していない」とか「無理矢理合意書を作成させられた」などと言うことはできません。また、原本が公証役場で保管されるので、紛失することもありません。
さらに、離婚公正証書に「強制執行認諾条項」という特殊な記載をしてもらうと「強制執行力」が認められます。
強制執行力とは、債務者が支払をしないときに、債務者の財産を差し押さえられる力です。つまり、離婚公正証書にしておけば、相手が後に財産分与や養育費、慰謝料などを支払わなくなったとき、給料や預貯金を差し押さえることによって回収できるのです。
もしも離婚公正証書がなかったら、改めて裁判所で調停や裁判をしないといけないので、大変な手間です。

離婚公正証書を作成するためには、全国の公証役場の都合の良い場所に行き、公正証書の作成を申し込みます。このとき、自分たちで作成した離婚合意書を提示して、この通りにしてほしいと言うと、話が早いです。そうすると、公証人から必要な資料について指示があり、公正証書作成の日程を調整します。
指示された通りの資料をもって夫婦二人が定められた日時に交渉役場に行くと、離婚公正証書を作成してもらえます。
協議離婚をするとき、離婚公正証書の作成は義務ではありませんが、作成しておくとトラブル防止に役立つので、一手間をかけても是非とも作っておきましょう。

協議離婚をするときにも、意外といろいろなことに注意が必要となるものです。自分一人で適切に対応しにくい場合には、弁護士に相談してみると良いでしょう。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ