事故物件かどうかを確認する方法 | 弁護士保険ステーション

事故物件かどうかを確認する方法

世間でなんとなく使われている「事故物件」という言葉。
実は何を持って「事故物件」として取り扱うかの明確な線引きはありませんが、ある程度の
判定基準はあります。

★事故物件かどうかを確認する前に
事故物件かどうかの確認は、下記の基準を元にWEB検索・問い合わせを行うほうが良いで
しょう。
事故物件かどうかの判定基準の一例
● その場所での自殺・不審死・事故死・遺体の腐乱・火災などが過去にあった場合の
「心理的瑕疵」が認められるか。
● 「心理的瑕疵」と認められる要件の発生からどのくらいの年月が経ち、その後の借
り手の人数・契約期間はどれくらいだったか。
● 床下浸水・シロアリによる被害・雨漏りなどの問題が解消されていない「物理的瑕
疵」が認められるか。
例えばあなたが「心理的瑕疵物件」を避けたい場合、「事故物件」という括りで検索や問い
合わせを行うのは得策ではありません。
できるだけ目的は具体的にした方が情報収集ははかどります。

事故物件の確認方法

WEBを使った検索・電話・現地聞き込みなどの手法があります。

不動産屋に単刀直入に聞く


単純にして効果のあるやり方です。
不動産業者は、宅地建物取引業法47条1号により「故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為」を禁止されています。
ただ冒頭で申し上げたとおり、事故物件として取り扱うか否かの明確な線引きというものは
存在しません。
不動産業者によっては告知義務がないという認識のもと、あなたに事故を告知しない可能性
がありますので注意が必要です。

近隣住人に聞く


物件の近くに住んでいる人に聞くというのも方法の一つです。
不動産業者とは違った種類の情報が手に入るかもしれませんね。

事故物件を扱うサイトで検索する


事故物件を主に扱う業者のホームページから洗い出すという手段もあります。

【大島てる】
有名な事故物件公示サイトです。
http://www.oshimaland.co.jp/
【賃貸見切り品】
訳ありの賃貸物件に特化したホームページです。
https://www.chintai-mikiri.com/

グーグル検索で「賃貸 告知事項」と検索する


「賃貸 告知事項」で上位表示されているページを見てみましょう。
ページ内に「告知事項あり」などの表示がある物件が出てきます。
告知事項に関する詳細は載っていないので、知りたかったら問い合わせてみましょう。
それと全国展開している不動産ポータルサイトの検索フォームに「告知事項」と検索しても
同様の結果が得られます。

事故物件の判断基準

以下の条件の物件は事故物件である可能性があります。

家賃が相場より安い


周辺の似た物件より3~5割安い場合は事故物件の可能性が高いです。
ただし事故物件と言っても背景はさまざまです。
その部屋で何かしらの事件が起きたのかもしれませんし、近隣に宗教団体の施設や暴力団関
係者が住んでいるという理由で安い場合もあります。
不動産業者に問い合わせてみると良いでしょう。

一部のみリフォーム済み


下見に行ったら部屋の一部だけ不自然にリフォームされていた。
ひょっとすると死体の体液や血液によって汚れた部屋のみリフォームして、貸し出し可能に
しているのかもしれません。
不審に思ったら担当者に聞いてみましょう。

建物名称が変更されている


事故物件として有名になってしまうと借り手が付きづらくなってしまうので、名称を変える
という貸手もいます。
グーグルマップでその物件を調べて、物件名称が違っていたら要注意です。

集合住宅の一部エリアの空き室が多い


ある集合住宅の他の部分は満室なのに、一部だけが空室だらけなのは事故物件の可能性があります。

定期借家契約かどうか


事故物件を1年くらいの定期借家契約として安く貸し出し、その後は無事故物件として貸し
出す手法があります。

まとめ

事故物件に関しては後々トラブルに発展することがあるので、ネット・問い合わせ・質問な
どを駆使してしっかり調べ上げることが大事ですね。

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社

弁護士保険mikata
弁護士保険mikata

ページトップ