職場に溢れるパワハラ、セクハラから自分を守るには | 弁護士保険ステーション

職場に溢れるパワハラ、セクハラから自分を守るには

▲関連記事をチェック

頭を抱えるビジネスウーマン

「ハラスメント」という言葉が使われるようになって久しくなります。
いじめ、いやがらせという意味ですが、当初は「セクハラ」(セクシャルハラスメント)がほとんどでした。
時代とともに「パワハラ」「モラハラ」「マタハラ」など、次々にその種類が増えていきました。
その中でも特に多く聞かれる「パワハラ」「セクハラ」について考えてみます。

本来は会社に対策をとる義務がある
パワハラもセクハラも違法行為とされています。
まず、会社は雇用契約をしている従業員に対して「職場環境配慮義務」「使用者責任」の2つの義務を果たさねばなりません。
職場環境配慮義務とは、文字どおり職場環境を整える義務です。
使用者責任とは、従業員が他者に対して損害を与えた際に、その損害を賠償する責任です。
パワハラとセクハラについては、その両方に関わってくるため、会社に対処をする義務があります。

職場のトラブルであっても、弁護士に相談しよう
パワハラ、セクハラから逃れる最善の方法は、職場内で解決することです。
セクハラを繰り返す上司を女性がいない部署に配置転換してもらう、もしくは自分を別の部署に異動させてもらうなど、表面上は波風をたてないような解決方法がとれれば最善です。
しかし、小さな会社であり、全社員が同じフロアで仕事をしている場合や、社長からパワハラやセクハラを受けているとなれば、それらの解決は不可能です。
セクハラもその度合によっては強制わいせつ等の犯罪として、警察が動くこともできますが、事件とできるかどうかが微妙である場合はなかなか動いてはくれません。
パワハラとなれば完全に民事の範囲となるため、警察は一切動くことができません。
そこでおすすめしたいのが、弁護士に相談することです。
パワハラやセクハラが原因で精神的な苦痛を受け、疾患につながった場合は、労災として認められることがあります。
具体例としては、うつ病や心的外傷後ストレス障害の発症に対して、労災が適用されたことがあります。
労災認定に必要なそれらの証拠収集、手続きに関しては、自分1人で行なうことは困難でしょう。
そこで弁護士に協力してもらいましょう。
また、あまりにもひどいパワハラやセクハラを受けた場合は、訴訟を提起して損害賠償を請求することもできます。
その内容や状況の記録、さらには証拠が必要となりますが、そこで有効となる証拠の選別や収集方法、訴訟の手続等は弁護士に相談、依頼すればスムーズに進められるはずです。
パワハラ、セクハラで泣き寝入りをしてしまっては、新たな被害者を出してしまうことになります。
パワハラ、セクハラを行なう相手に対しても、事の重大性を理解させ、それらをやめさせると同時に、職場内にパワハラやセクハラが起こらない空気を作るためにも、まず自分自身が立ちあがる意識を持ちましょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン3社比較/

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ