パーソナルハラスメントとは?意味や対処法を解説! | 弁護士保険ステーション

パーソナルハラスメントとは?意味や対処法を解説!

▲関連記事をチェック

今はいろいろなハラスメントがあり、中にはあまり見慣れないものや聞き慣れないものもあります。
そのひとつがパーソナルハラスメントです。
被害者になるのはもちろん、知らず知らずのうちに加害者になる可能性もありますので、パーソナルハラスメントについて理解を深めておきましょう。

パーソナルハラスメント(パーハラ)とは?

パーソナルハラスメントというのは、「パーハラ」とも呼ばれています。
簡単に言ってしまうと、個人的な理由での嫌がらせを指します。
例えば、容姿のことや服装のこと、趣味や話し方、その他の癖などについて否定したり、文句をつけたりといったことがパーソナルハラスメントに当たります。
もうおわかりのように、世間一般でよく知られている「いじめ」というのはまさにパーソナルハラスメントなのです。
パーソナルハラスメントというのはいろいろなハラスメントの中でも比較的広い意味を持っていて、パワーハラスメント(パワハラ)、セクシャルハラスメント(セクハラ)、モラルハラスメント(モラハラ)といったものもパーソナルハラスメントに含まれるという見方もできます。

パーソナルハラスメントの被害に遭ったら

では、パーソナルハラスメントの被害に遭った場合にはどうしたらいいのでしょうか?
もし相手が悪気なくパーソナルハラスメントに該当する行為をおこなっている場合には、ハッキリと「嫌なのでやめてほしい」と伝えるようにしましょう。
もしハッキリと意思表示をしても状況が変わらなかったり、悪化してしまったりした場合には、信頼できる上司などに相談してみましょう。
本人ではなく、別の誰かに注意してもらうことで状況が改善する可能性もあります。
ただ、別の誰かに相談して状況がさらに悪化した場合には社内の相談窓口に相談してみましょう。
このとき、証拠となるものを持っていくことによって会社としてもハラスメント問題を把握しやすくなります。
社内の相談窓口に相談しても状況が変わらない場合には、弁護士への相談という形になってくるかと思います。
ここでもやはり証拠があると話が早いでしょう。
弁護士保険があれば、弁護士への相談や依頼の際に費用面でも助かります。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ