【ドクターハラスメント】意味と対処法は? | 弁護士保険ステーション

【ドクターハラスメント】意味と対処法は?

▲関連記事をチェック

新型コロナウイルス感染拡大の影響で医療関係者への感謝の気持ちが強くなったという方も多いでしょう。
ただ、残念なことに医療関係者だからといってその人間性まで素晴らしいとは限りません。
最近では医師によるハラスメント、ドクターハラスメントが大きな問題になっているのです。
誰もがいつかはお世話になる病院だからこそ、ドクターハラスメントについてもきちんと理解しておきましょう。

ドクターハラスメント(ドクハラ)とは?

ドクターハラスメントというのは、「ドクハラ」とも呼ばれています。
簡単に言ってしまうと、医師がその立場を利用して患者に嫌がらせをすることを指します。
ドクターハラスメントという言葉を知らなかっただけで、これまでに実はドクターハラスメントの被害を受けていたという方も多いでしょう。
「こういう治療を受けないと治らないよ」「この薬を使わないとよくならないよ」「そんな性格だから病気になるんだよ」「そんな人間だから怪我するんだよ」
……こういった医師の発言はまさにドクターハラスメントです。
患者が弱っているときに心無い言葉を投げてきたり、関係のないことで患者を責めたりするのは許されることではありません。

ドクターハラスメントの被害に遭ったら

では、ドクターハラスメントの被害に遭ったらどうしたらいいのでしょうか?
ある程度の立場のある医師であれば苦情を入れたところで変わらないでしょう。
それに腐っても医師ということで自分を騙し騙しその医師のもとへ通うという方も少なくありません。
こういったことがあり、これまではドクターハラスメントの被害者である患者が泣き寝入りをするというケースがほとんどでした。
ただ、あまりにも悪質なものだと医師が患者の心を傷つけ、PTSDなどになってしまう可能性があります。
このようになってくると医療内容の説明に関する過失による医療過誤として、医師は民事上の責任を負うことになります。
医師は患者に対して損害賠償を支払わなければならないので、弁護士を立てることで医師の責任を追求することができます。
弁護士への相談で医師との戦い方も見えてくるはずです。
こういったときにも弁護士保険に加入していると何かと安心です。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ