フェリクス少額短期保険株式会社の弁護士保険リガール

弁護士保険リガール 弁護士保険リガール

弁護士保険リガールの当サイト
限定キャンペーン情報

弁護士保険リガールは現在、当サイト限定サービスを実施しておりません。

弁護士保険リガールの特徴

弁護士保険リガール(Hi/Basiic/Lite)の弁護士費用補償対象トラブル

偶発的事故


一般事故

弁護士費用保険リガールの保険料

プラン名 保険料 自動車交通事故特約の場合 団体契約特約
Lite
980円/月払
10,670円/年払
1,020円/月払
11,140円/年払
割引率
2〜10名_3%
11〜30名_3%
31名以上_5%
Basic
1,290円/月払
14,120円/年払
1,330円/月払
14,590円/年払
Hi
1,870円/月払
20,370円/年払
1,910/月払
20,840円/年払

← 左右にスライドできます。 →

弁護士費用保険リガールの補償金額

<Hiプラン>
補償項目 保険金 保険金支払上限 通算上限金額
法律相談料 実費相当額 4.4万円/1事案
30万円/年間
1,000万円
着手金・手数料 基準×70% 100万円/1事案
200万円/年間
日当・実費等・報酬金 基準×35%

← 左右にスライドできます。 →

※特約を付帯していない例となります。

<Basicプラン>
補償項目 保険金 保険金支払上限 通算上限金額
法律相談料 実費相当額 3.3万円/1事案
20万円/年間
600万円
着手金・手数料 基準×70% 60万円/1事案
120万円/年間
日当・実費等・報酬金 -

← 左右にスライドできます。 →

※特約を付帯していない例となります。

<Liteプラン>
補償項目 保険金 保険金支払上限 通算上限金額
法律相談料 実費相当額 2.2万円/1事案
10万円/年間
300万円
着手金・手数料 基準×70% 30万円/1事案
60万円/年間
日当・実費等・報酬金 -

← 左右にスライドできます。 →

※特約を付帯していない例となります。

弁護士保険リガールの特約


 
自動車交通事故特約 自動車に非搭乗の際のもらい事故にまで、補償範囲を拡大します。
団体契約特約 団体が複数の被保険者をまとめて一つの保険に加入することで、一人当たりの保険料が割安になります。


弁護士保険リガールの不担保期間・待機期間

偶発事故 なし
労働 1年(特定原因に該当)
賃貸借 3カ月(待期期間)
離婚 1年(特定原因に該当)
相続 1年(特定原因に該当)
親族 1年(特定原因に該当)
その他一般事件 3カ月(待期期間) ただし、責任開始日前に締結した契約に関する事件は1年(特定原因に該当)

※待機期間・・・一般事件について、責任開始日から一定期間、保険金をお支払いしない期間をいいます。

※不担保期間・・・特定のトラブルについて責任開始日から一定期間、保険金をお支払いしない期間をいいます。

弁護士保険リガールの付帯サービス

弁護士保険リガールの付帯サービス
弁護士保険リガールの保険金による補償サービス

弁護士保険リガールの支払い対象外トラブル

〇:保険金支払対象 ×:保険金支払対象外

法的トラブルの内容 法律相談料保険金 法務費用保険金
相手方に請求する額または相手方から請求される額が5万円未満のもの × ×
共有物の分割、境界の確定または筆界の特定に係るもの × ×
自己破産および債務整理事件 × ×
行政・税務不服申し立て、行政・税務事件訴訟 × ×
金銭消費賃借契約に係る事件、およびその民事執行手続 × ×
事業資金の出資、有価証券投資に係る事件 × ×
刑事事件、少年事件、医療観察事件 × ×

弁護士保険リガールの免責事由

〇:保険金支払対象 ×:保険金支払対象外

法的トラブルの内容 法律相談料保険金 法務費用保険金
次の事由に起因・付随・随伴して生じた原因事故
戦争その他の変乱、暴風雨・豪雪・地震・津波・その他の異常な自然現象・核物質の作用、 大気汚染・地盤沈下・液状化など、発がん性物質の作用
× ×
保険契約者または被保険者の故意または重大な過失による次の加害行為
殺人・暴行・その他の他人の生命を害する行為、住居侵入・脅迫・強制わいせつ・強要・その他の他人の自由を害する行為、窃盗・詐欺・器物破損・その他の他人の財産を害する行為、秘密漏示・名誉棄損・業務妨害の行為
× ×
刑事事件として起訴された行為 (当該行為に係る民事上の請求も免責です) × ×
麻薬・大麻・あへん・覚せい剤・シンナー等を摂取した状態で行った行為 × ×
アルコール等の影響で正常な判断・行動に支障がある状態で行った行為 × ×
保険契約の趣旨に鑑みて濫用性が高いと当社が判断する行為 × ×
次に掲げる者を相手方として弁護士等委任契約を行う場合
保険契約者、当社、保険金を支払わない相手方として保険証券に記載された者
×(ただし、保険金を支払わない相手方として保険証券に記載された者については補償内) ×
被保険者が原因事故の解決を委任した弁護士等との間で紛争になった場合 ×(原因事故の処理方法または弁護士費用についての紛争が生じた場合は免責) ×

弁護士保険リガールの加入条件

補償対象となる被保険者の立場 被害、加害【被保険者の未成年子供も補償】
年齢条件 成人
お住まい条件 日本国内に在住の方
クレジット名義人条件 保険契約者と名義人は同一
個人・法人条件 契約者は個人・法人ともに○
支払い方法条件 クレジット、口座振替