賃貸トラブルになりやすい状況とは |  弁護士保険比較

弁護士保険ステーション

賃貸トラブルになりやすい状況とは

賃貸トラブルは、契約時、入居時、退去時の3つの場面に分けられます。具体的には、入居前は、礼金の支払いについて、連帯保証人の有無です。
入居時は、隣や上の入居者の騒音に我慢できない、家賃を値上げしてくれと言ってくる、家賃を滞納され回収方法についてです。
退去時には、原状回復費用と敷金の清算で揉める、退出時の原状回復でもめているです。
特に相談が多いのは退去時の敷金トラブルです。
賃貸借契約書には、明渡しの際に原状回復しなければならないと書いてありますが、原状回復は入居当時の状態に戻すことで、全ての修繕費用を負担するべきと、貸主から言われ高額な費用を請求されたらどうしますか?
今回は不動産賃貸でトラブルになった際の対応を紹介します。

契約書について

賃貸トラブルで、賃貸契約の際にきちんと契約書の確認を行っていないことが原因でトラブルになる場合が多くあります。
そこで、賃貸契約で疑問に感じたり、困ったときには、賃貸借契約書の内容をよく確認しましょう。
契約書の中には、借主の立場が弱い記載が多く、修繕費用を全て負担しなくてはならないように記載されている項目もあります。
揉める内容については、曖昧に記載されている場合も多く、賃貸契約では貸主と借主との契約で、契約書に記載された事項は法的効力があります。

ガイドラインについて

賃貸トラブルを防止するために、各機関が発行しているガイドラインを見てみましょう。このガイドラインは、法的な根拠はありませんが、裁判所も、裁判の際にはこのガイドラインを参考にしていますので、ガイドラインに沿った内容で主張することは可能です。
ガイドラインは。国民生活センターが、賃貸住宅の敷金、ならびに原状回復トラブル、東京都都市整備局が、賃貸住宅トラブル防止ガイドライン、国土交通省が、原状回復をめぐるトラブルとガイドラインを出しています。
ガイドラインを見て、契約書に記載している内容がおかしいと思う項目が見つかれば、不動産業者または大家さんと話し合いをしましょう。話し合いの際には、その内容は必ず書面にしておくことが重要です。
当時者同士の話し合いが上手くいかない際は、第3者の弁護士等を入れての解決を考えることになります。

まとめ

まとめますと、賃貸トラブルは、当事者で話し合って解決できれば良いのですが、こじれてしまうと自分だけで解決することは難しくなります。
無理に自分だけで解決しようとすると、問題はより深刻となり、時間が掛かってしまいます。トラブルが発生する前に対策を取ることが重要です。
ちょっとした不安や疑問点などをもった時点で、専門家の弁護士等法律職に話を聞いてみることをお勧めします。
当然、問題が発生している場合には、弁護士に相談することをお勧めします。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか簡単にダウンロードできる無料web資料請求をご用意しています!

*メールアドレス
*お名前
*ふりがな

関連記事


ページトップ