近隣トラブルの有無を事前に知るための方法 | 弁護士保険ステーション

近隣トラブルの有無を事前に知るための方法

新しい土地で暮らすのは何かと不安がつきまといます。
これから引っ越そうと思っている人がもっとも気になることと言えば近隣トラブルの有無
はないでしょうか?
引っ越した後に「こんなはずじゃなかった」とならないためには事前の調査はしておきたい
ところですね。
とはいっても何をどうやって調査してよいのかいまいちピンときませんよね?
役所・自治体などでは近隣トラブルの相談はできても事前調査サービスはやっていません。
そこで今回は、近隣トラブルの有無を事前調査する方法と調べるべき項目などを紹介いたします。

調査会社や探偵に依頼

お金はかかりますが、素人では手に入らない詳細な情報が手に入るでしょう。
調査項目を絞る事により、安く調査してくれる業者や、自然災害リスク・危険箇所・物件の
日照時間まで調べてくれる業者もいます。
しかし調査の質と金額は業者によってまちまちなので、依頼する相手は慎重に選ばなければ
なりません。

自分で現地調査する

近隣の詳細な情報を得るにはネット上では限界があります。
現地調査をするべきでしょう。
現地調査は平日と休日に時間帯を変えて行うのがベストです。
散歩を装いながら近隣住民の洗濯物・車・庭の様子をチェックすれば、そこから家族構成や
生活水準を推測できます。
他にチェックしておきたい項目は以下のものが挙げられます。
● 治安・安全・犯罪について。
● 学校・青少年非行について。
● 宗教組織は近くにあるか。
● 暴力団組織は近くにあるか。
● 居酒屋・カラオケ屋などの深夜営業の店は近くにあるか。
● 医療機関の信頼性はどうか。
● 痴呆性の老人はいないか。
● 騒音問題はあるか。
● 非常識な人はいないか。
● 子供がうるさくないか。
● アパートなら共有部分が荒れていないか。

不動産会社から聞く

不動産屋に行って物件を探す、もしくは探すフリをして地域のことを聞きます。
アパートの内見の際に、他の住人について軽く聞くのもいいでしょう。

近隣住民に挨拶する

「そこに引っ越すことになったので挨拶に来ました」
などと言って手土産をもって訪問するのもありです。
話ができそうなら人なら近隣のことを聞き出すことができるかもしれません。
話すことが好きではない人なら早々に引き上げましょう。

ネット上で調査する

地域の犯罪情報を調べるならネット上で調べることができます。
東京なら警視庁が公開している「犯罪情報マップ」などのサイトを使うと良いでしょう。
近隣の学校・市役所・病院のサイトをチェックすることでも近隣の情報は収集できます。

まとめ

事前調査にはプロに任せる場合と自分で行う場合の2通りがありました。
どちらも一長一短があるので、自分に合うと思う方法を選ぶといいですね。

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社

弁護士保険mikata
弁護士保険mikata

ページトップ