弁護士保険とは? | 弁護士保険ステーション

弁護士保険とは?

▲関連記事をチェック

説明する女性3

最近よく耳にする弁護士保険。

ここでは弁護士保険について詳しくご説明したいと思います。

弁護士保険とは

日常生活を送る上で、わたしたちは何らかの法的なトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

そういった場合、自分が不利にならないようにするためには法的な知識が必要ですよね?

法的な知識があり、相手との交渉を依頼できる法律のプロと言えば弁護士が一番に思いつくでしょう。

弁護士に依頼することで自分の代理人となり相手と交渉してくれるほか、裁判を進めてもらうことも可能です。

ただ、弁護士に相談したり依頼するには弁護士費用が必要で、費用も高額です。

そもそもそれを用意できないと、自分で対処するしかなくなります。

法的知識がないまま相手と交渉となると、不利な結果になる場合もあります。

裁判になるとなれば、素人では話にならないため最終的に泣き寝入りになる可能性が高いです。

そういった不測の事態に備えられるのが弁護士保険の存在です。

弁護士保険とは弁護士に依頼する際かかる費用を補償してくれる保険のことで、これに入っていれば法的トラブルに見舞われた際に弁護士費用を用立てることができます。

いざという時のために、弁護士費用を用意できるため安心できる素晴らしい保険です。

弁護士保険の特長

トラブルに早期対応でき被害を最小限にできる


平和な日常を脅かすようなトラブルがいつ起きるかは予測がつかないもの。

突然起こったり、ある程度の予兆があったり・・とさまざまですが、言えることはトラブルが起きた時に早期対応が遅れてしまうと場合によっては最悪の事態になることがあります。

ですが、弁護士保険に加入していれば、金銭的な不安を取り除くことができ法律の専門家に気軽に相談できるため、トラブルを早期対策、早期解決できるメリットがあります。

さまざまなサービスが付帯している


弁護士保険には弁護士直通ダイヤルなど、無料に電話相談できるサービスもあります。

弁護士に依頼した方がいいのかなどを気軽に相談できたりします。

また、いざ弁護士に依頼したいとなった場合、どうやって弁護士を探せばいいのか分からない場合があります。

弁護士保険に加入していれば、ご自分のお住まいの地域で適切な弁護士を紹介してくれるサービスが受けられます。

まとめ

弁護士保険はいざという時頼りになる保険です。

トラブルが起きてから慌てても手遅れになる場合があります。

弁護士保険の加入、検討してみてはいかがでしょうか?

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ