おすすめ弁護士保険3選 | 弁護士保険ステーション

おすすめ弁護士保険3選

▲関連記事をチェック

弁護士保険についてみなさんどの程度ご存じでしょうか?

弁護士保険とは日ごろの生活で法的トラブルに遭った場合、弁護士へ依頼し相談を行った場合に発生する相談料や報奨金などの費用を補償できる保険のことです。

自分だけで抱えきれない悩みがある場合、この弁護士保険に入っていれば弁護士に相談、依頼しやすいため早期解決につながります。

最近この弁護士保険に加入する人が増えていますが、ここではそんな弁護士保険の中でおすすめを3つご紹介したいと思います。

エール少額短期保険

この会社は2017年に営業を開始した新しい弁護士保険の会社で、日常的なトラブルを対象とする「弁護士保険コモン」と、事業上のトラブルを対象とする「弁護士保険コモンBiz」を取り扱っています。

「弁護士保険コモン」は、プラン数が多いのでニーズや予算に合わせて選べることがメリットです。

また、自動車保険のような等級制度を採用していて、保険金の支払がなければ、年々保険料が安くなるという特徴があります。

さらに、ネットストーカーヘルプナビやえん罪ヘルプナビ、ハラスメントヘルプナビ…などといった加入者が利用できる付帯サービスが豊富です。

プリベント少額短期保険

この会社は日本初単独型の弁護士保険を販売した会社として知られており、弁護士保険販売のパイオニアと言われています。

販売されている弁護士保険は弁護士費用保険Mikataという商品だけで、2013年から販売が開始され、2018年4月の時点で1万2千件以上の保有件数を誇ります。

ジャパン少額短期保険

最後にご紹介するのがジャパン少額短期保険が発売している弁護士費用保険です。

男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険という名前の商品で痴漢被害、痴漢えん罪ヘルプコールが付帯されています。

この保険の最大の特長は痴漢えん罪防止に特化していることで、万が一痴漢に間違えられた場合、事件が起こってから48時間以内の弁護士費用が補償されるのが特徴です。

毎月かかる費用は痴漢えん罪ヘルプコールが付帯している個人賠償責任保険がセットになっているタイプで月々590円とかなりお安いです。

また、この保険は他人のものや車を壊してしまったりした場合に損害賠償を行う場合や、弁護士へ損害賠償請求を委任したり、相談したりする費用を補償してくれるのが特徴で、加害者になっても被害者になっても補償が受けられます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

弁護士保険おすすめ3選をご紹介しました。

どれもそれぞれ特徴やメリットがありますが、ご自分のライフスタイルやニーズに合ったものを選んでいただければと思います。

いざという時のために、ぜひ検討してみてください!

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険ステーション限定!

引受保険会社


ページトップ