近所の人に悪口や嘘の噂話を言いふらされています。名誉毀損になる? |  弁護士保険比較サイト【弁護士保険STATION】

近所の人に悪口や嘘の噂話を言いふらされています。名誉毀損になる?

皆さんは近隣の人に嘘の噂話を言いふらされた事はありますでしょうか?
今回はそんな被害について名誉毀損になるのかということについて紹介をさせていただこうと思いますので皆さんも是非今回紹介させていただくことを参考にしてみてください。

近隣の人に嘘の噂話をされた場合は弁護士保険,になるのか?

近隣の人に嘘の噂話をされた場合は名誉毀損になるのかということについて紹介をさせていただきますが、結果から言ってしまうと名誉毀損になります。
過去にも事例として名誉毀損としてなったことがあるわけなんですが、事例について紹介をさせていただこうと思います。

名誉毀損の事例について

名誉毀損の事例について紹介をさせていただこうと思いますが、今まで仲の良かった人達と疎遠になってしまった事が原因で仲の良かった人達は悪口を周りの人達に言い始めました。
そして、その悪口は誹謗中傷であったり、嘘の噂話などがあり悪質な物が多かったようです。

またそんな事実無根に悩まされていた方は弁護士に相談をして名誉毀損として訴訟を起こしました。
その結果、慰謝料請求として100万円ずつ支払いを命じました。

名誉毀損をされた場合には弁護士に相談!

この事例を基に紹介をさせていただきますが、名誉毀損をされた場合には弁護士に相談をした方が良いといえます。
ただその際に「証拠」や「証言」があった方が、それだけ勝訴しやすいというのがあります。第三者から見たら、事実がわからないということもありますので、そういった場合に証拠となる物や録音データがあることで勝訴をしやすいというのがあります。

また名誉毀損というのは「刑法上」と「民法上」で違いがあります。その違いとしては嘘の噂話の中に社会的地位を落とすような嘘が含まれていると刑法上の名誉毀損となります。

民法上というのは心身的に損害を与えられた場合に民法上の名誉毀損となるわけです。そのため、違いというのもありますので皆さんも理解をして相談をしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は近隣の人に嘘の噂話を言いふらされた場合の被害について紹介をさせていただきました。
皆さんも是非今回紹介させていただいたことを参考に名誉毀損をされたのであれば弁護士に相談をしたほうが良いといえますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみてはいかがでしょうか?
自分で悩まず相談をしてみてください。

関連記事

引受保険会社

プリベント少額短期保険

プリベント少額短期保険

エール少額短期保険

エール少額短期保険

ジャパン少額短期保険

ジャパン少額短期保険


ページトップ